引っ越しをご検討されている皆さまへ



引っ越しは、ご家族にとって一大イベントです新天地での生活を始めるのにトラブルが生じては何にもなりません。

かしこい引っ越し(プロの知恵教えます)では、快適な新生活をスタートさせるために、引っ越しに伴う基本の紹介とあわせて、引っ越しの手順とアドバイスを項目別に記載しています、参考にしていただければ幸いです。

引っ越しには、国土交通省から許可されている緑ナンバーのトラック運送事業者の営業用トラックをご利用ください。
緑ナンバーのトラック運送事業者は、家財の荷造り梱包・据え付け作業からエアコン脱着・ピアノ輸送等の附帯サービスも業務に精通したスタッフが対応します。


◎ 引っ越しは早めの準備が鉄則です

毎年3月上旬から4月初旬がピークとなります。この時期に引っ越しを計画(検討)されるときは、引っ越しを依頼される事業者を決めるなど早く準備をされることをお進めします。
また、ピーク時にかぎらず、土・日曜日や祝祭日は避けて、ゆとりをもって平日にされるのがかしこい引っ越しのポイントです。

◎ 引っ越しの基本的な流れ
 時間と準備が必要です
引っ越しは何かと気忙しいものです。スケジュール表を作り、必ずしなければならない事を忘れないようにしましょう。

 転居先に荷物を入れるときの準備
* 転居先住居の間取り図を作り、家具など大きなもの・重たいものなど据付する場所を図で表示したものを作業責任者に渡しておけば搬入作業のときに便利です。
   ・間取り図に部屋番号を表示する
   ・荷物に部屋番号を記入する 
* 転居先での荷物の整理には時間が必要ですから荷物の置く場所を決めておきましょう。
  ・それぞれの部屋にはすぐに必要なものだけを入れ、必要のないものは一つの部屋にまとめて仮置きしましょう。

 


◎ 下見と見積り

下見と見積りをされる事が、かしこい引っ越しの基本です。
電話・インターネットだけでの依頼は、中身がみえないためトラブルが発生しやすいです。
[引っ越し費用の見積りは無料です。ただし、下見に要した費用が発生することがあります]

下見と見積り(見積書を作成)をしてもらい、見積書に記載されている内容と標準引越運送約款について業者から詳しく説明を聞きましょう。
わからないことは、納得するまで聞くことが大事です。


単身者(転勤・新入学生など)の引っ越しも、下見と見積りをとりましょう。
大切な財産です。荷物が少ないからと安易にしないようにしましょう。
下見と見積りを依頼し、確認することが大事です。
引っ越しの方法 @貸切りトラック A単身者用の貸切りボックス (路線事業者)  等が

  ※ ダンボールなど、引越資材の受け取りは依頼事業者を決めてから。
  【とりあえず収受したが、引越を依頼しないからと後日返却する場合、返送にかかる費用はお客様負担となります。
   くれぐれも注意してください】 
  ※ 内金や手付金は、一切支払う必要はありません。


【引っ越しのときに出るゴミについて】


引っ越し.宅配など輸送についてのご相談は、
社団法人兵庫県トラック協会(電話078−882−5556)、もしくは最寄りの各サービスセンター(別紙に掲載しています)にお問い合わせ下さい。
また、引っ越しのリーフレット・標準引越運送約款などを希望される方は、兵庫県トラック協会までご連絡ください。(お送りします)

・リーフレット(かしこい引っ越し−プロの知恵教えます)
・標準引越運送約款(標準引越運送約款のポイント)
・見積書(お客様用)




(C) Hyogo Track Association, 2000-, All Rights Reserved.